犬にわかめを与えても大丈夫?調理の際は茹ですぎに要注意!

この食品与えても大丈夫?

別名「海の野菜」と呼ばれるほど栄養価が高くて低カロリーな万能食材、わかめ。

結論から先に言うと、犬にもわかめを食べさせて大丈夫です!

今回は犬にわかめを与えるメリット、デメリットのほか、わかめを与える際の注意点やおいしいわかめの見極め方などをご紹介していきます。

犬にわかめを与えるメリット

わかめにはぬめり成分「アルギン酸」「フコイダン」が他の海藻に比べ比較的多く含まれています。腸の動きを活発化することで排便をスムーズにし、体内の毒素や老廃物が排出されることでがんのリスクを下げると言われています。

また、わかめは「ミネラル」が豊富なことで知られ、他の食材から摂るよりも海藻から摂取するほうが体内への吸収率が高いことが分かっています。

ミネラルの中でも「カリウム」「カルシウム」「鉄」の3つが特に豊富で、抗ストレス・貧血予防・毒素排出などに力を発揮すると考えられます。

また、他にもわかめには様々な良い成分が集まっており、日々の食事に摂り入れることでこのような健康効果が期待できます。

  • 丈夫な歯や骨を作る
  • 免疫力を上げる
  • 代謝を上げる
  • ダイエット
  • 血圧を抑える
  • 成長促進

犬にわかめを与える際の注意点、ポイント

わかめは犬にとって消化が難しい食材に分類されます。

トッピングなどで与えるときは栄養素を損なわない程度にさっと茹で、消化不良を起こさないよう細かく刻んであげてください。また、塩蔵わかめは犬にとって塩分が濃すぎるので、必ず何も手を加えられていないわかめを与えてください

そしてわかめは油との相性が良く、一緒に摂るとβカロテンの吸収率がアップするので、クリルオイルオメガ3オイルなどをフードの上にポチョンと落としてあげるといいですよ。

また、ビタミンDを含む食材(きのこ類、イワシ、鮭、さんまなど)と合わせて食べるとカルシウムの吸収率がアップします。

わかめを与える際は食べ合わせのことも少し気にかけてみてください。

良いわかめの選び方

最後に品質の良いわかめを選ぶコツをご紹介します。見分けるポイントは主に以下の4つになります。

  • 乾燥わかめの場合、茶色交じりの黒色でツヤがあること。
  • そして厚みがあること。
  • 生わかめの場合、黒ずみがなく濃い緑色でツヤがあること。
  • そして厚みと弾力があること。

ぜひこれをマスターして愛犬においしいこんぶを選んであげてくださいね( *´艸`)