犬にカブを与えても大丈夫?葉っぱも一緒に与えると栄養価倍増!

この野菜与えても大丈夫?

葉っぱは緑黄色野菜、根っこは淡色野菜という2つの顔を持った珍しい野菜、カブ。

結論から先に言うと、カブは犬が食べることの出来る野菜です!

今回は犬に株を食べさせるメリットと注意点、調理の際のワンポイントアドバイスなどをご紹介していきます。最後に良いカブを選ぶコツも載せていますので参考にしてみてください。

犬にカブを与えるメリット

犬にカブを与える

カブには辛み成分「イソチオシアネート」が含まれています。大根やワサビなどにも含まれる成分で、抗菌作用が強く、発がん物質の活性化を抑制するはたらきがあります。また、胃液の分泌を促し、胃粘膜を健康に保つ作用もあるとされています。

そして炭水化物の消化を助ける「ジアスターゼ」、デンプンの消化を助ける「アミラーゼ」が含まれるおかげで、野菜の分解が苦手な犬でも比較的消化吸収のしやすい野菜だと言えます。

さらに血を作るのに必要不可欠な栄養素「鉄分」「葉酸」を多く含んでいるほか、カリウム、食物繊維、ビタミンAなどのはたらきにより、以下のような効果が期待できます。

  • 風邪、感染症の予防
  • 排便をスムーズにする
  • 余計な塩分を尿として排出する
  • 心身の成長を促す
  • コラーゲンを合成して怪我の治りを早める

犬にカブを与える際の注意点、調理のポイント

カブを調理する

実はカブは根っこの部分よりも葉っぱの方が栄養価が高い野菜。

葉っぱには抗がん作用のある「βカロテン」や疲労回復に効果のある「ビタミンB群」が含まれていて、これらは白い根っこにはない成分です。

そのため、愛犬に与える際は葉も根も一緒に与えてあげましょう。

カブは生だと硬いので茹でてから与えてください。胃腸を温める効果もありますよ^^

良いカブの選び方

最後にみずみずしくて美味しいカブの選び方をご紹介して締めようと思います。カブ購入の際の参考にしてください。

  • 大きすぎず小さすぎないサイズのもの
  • 変色した箇所がなく白いもの
  • 持つとずっしり重みを感じるもの

これら3つをマスターして愛犬においしいカブを食べさせてあげてくださいね。