犬にほうれん草を与えても大丈夫?調理の際は必ずひと手間加えること!

この野菜与えても大丈夫?

ほうれん草は昔から栄養価が高い野菜として知られています。

結論から言うと、犬にもほうれん草を食べさせて大丈夫です!

今回は犬にほうれん草を与えるメリット、デメリットのほか、調理の際に気を付けてほしいポイントもわかりやすく解説していきます。

犬にほうれん草を食べさせるメリットとは?

ほうれん草のお浸し

ほうれん草には「鉄分」が非常に多く含まれていて、その含有量は野菜の中でもトップクラスだと言われています。

鉄分には血を作るはたらきがありますが、ほうれん草にはその鉄分の吸収を助ける「ビタミンC」や、鉄分と一緒に血を作る「葉酸」も豊富に含まれているため、貧血予防にもってこいの野菜なんです。

鉄分は動物性タンパク質(肉や魚)と一緒に摂ることで吸収率がアップするので、ドッグフードのトッピングとしても相性のいい野菜のひとつです。

また、「βカロテン」の含有量が多いことでも知られ、風邪や感染症、ガンなどにかかりにくい身体を作るのに役立ちます。

ほうれん草には他にもビタミン、ミネラル、マンガン、カリウムなどを豊富に含むことから、犬が食べることで以下のような健康効果が期待できます。

  • 白内障の予防
  • 老化防止
  • 疲労回復
  • 血の巡りの改善
  • 余分な塩分の排出
  • 皮膚や粘膜の保護

また、ほうれん草はカルシウムも豊富な野菜なので、アレルギーがあって動物性のカルシウム(たとえばチーズ、ミルク、小魚など)が食べられない子のカルシウム摂取源としても有効に使うことができます。

犬にほうれん草を与える際の注意点

ほうれん草は「シュウ酸」を含む食材なので、生のまま与えると結石のリスクが高まります。

そのため、必ず茹でてあく抜きをしてから与えるようにします。(そうすることでほとんどのシュウ酸がお湯に溶けだします)

あくを取り除いたらすぐに冷水にさらし、水を切り、消化のしやすいように細かく切り刻んでください。

良いほうれん草の選び方

美味しいほうれん草

最後に、おいしいほうれん草を選ぶコツをご紹介します。同じ値段で買うんだったら、せっかくなので愛犬においしいほうれん草を選んで食べさせてあげましょう!

  • 葉っぱが分厚い。
  • 葉が根元から生えている。
  • 葉は濃い緑色。
  • 茎は細すぎず、太すぎず、ちょうどいい太さ。
  • 茎が短い。(長い=成長しすぎ)
  • 根元が赤い。(赤が濃いほど甘みが強い証拠になります)