犬にきのこ(しいたけ、しめじ、舞茸、えのきなど)は与えても大丈夫!ガン予防に最適な食材かも…!

この野菜与えても大丈夫?

秋に多くの品種が旬を迎えるきのこ。

結論を先に言うと、犬にもきのこを食べさせて大丈夫です!

ただ与えてはいけないきのこや与え方に少し気を付ける必要があります。そこで今回は犬にきのこを与えるメリット・デメリットのほか、良いきのこを選ぶコツなどもご紹介していきます。

きのこにはβグルカンがたっぷり!風邪に負けない体を作ります

きのこのβグルカン

きのこは他の食材に比べ「βグルカン」が豊富という特徴があります。

βグルカンには免疫力をあげる作用があるため、細菌やウイルス、ガン、アレルギーなどに負けない体を作るのに役立つとして今さかんに研究が進められている栄養素です。

特にアガリクス茸やハナビラ茸、霊芝に多く含まれており、最近ではそれらのきのこを粉末状にした犬用のサプリメント(キングアガリクス100 ペット用)が販売され、愛犬の健康に気を遣う飼い主さんの間で人気を集めています。

また、しいたけ、えのき、マッシュルーム、なめこにのみ含まれる「エリタデニン」という成分にも同じくガン予防の効果があり、このことからも若いころから積極的に食べさせたい食材のひとつと言えるでしょう。

他にもきのこ類には食物繊維、ビタミンB1、B2、ビタミンDなどが豊富に含まれるためこんな効果が期待できます。

  • 肥満予防
  • コレステロール値の調整(悪玉を減らし善玉を増やす)
  • 血圧の上昇を抑える
  • 便秘の解消
  • 筋肉の増強

きのこを与える際の注意点

きのこは食物繊維が豊富ゆえ肉食寄りな犬にとっては消化が難しく、大きな塊であげてしまうと消化されずにそのまま便と一緒に出て来てしまいます。

どのきのこも、与える際は茹でて柔らかくしたものを細かくみじん切りにしてあげるといいでしょう。ちなみに市販のきのこは非常にクリーンな場所で生産されているため調理の前に洗う必要はありませんよ(*^^*)♪

食べさせ過ぎると消化不良を起こし、吐いたり便がゆるくなったり、下痢をしたりする可能性があります。

ごくまれにですが、きのこを食べてアレルギー症状があらわれるワンちゃんがいるので、初めて食べさせる場合は、少しずつ与えて犬に変化がないか様子を見てみましょう。

その他の注意点としては、特にしいたけは消化が悪いため、量を与え過ぎないことです。

干し椎茸は栄養価が高いので、戻し汁は味噌汁に使って、もどした干し椎茸で手作りドッグフードを作ると犬も喜んで食べてくれます。

特に注意しなければならないのは、道端に生えているきのこや、雨の後とかに庭に生えた野生のきのこです。

我が家の食いしん坊犬のボーダーコリー小麦は、そういうものを食べてしまうことがよくあります。

また、当然ですがきのこの中には毒を持つものもいるので道端に生えているきのこには近づけないようにしてください。

いいきのこの選び方

良いキノコ

それでは最後に美味しいきのこを見分けるコツをご紹介します。上の図はきのこの部位ごとの呼び名です。

しいたけ

  • 軸が太くて短いもの。
  • ひだが白く変色していないもの。
  • かさが開ききっていないもの。
  • 肉厚のもの。

しめじ

  • かさと軸にハリがありしなびていないもの。
  • 水滴がついていないもの。

えのき茸

  • 真っ白で水っぽくないもの。
  • かさが小さくて開ききっていないもの。

まいたけ

  • 肉厚で弾力があるもの。
  • 軸が白く、かさが濃い茶色のもの。
  • かさの部分が密集しているもの。

なめこ

  • かさが大きいもの。
  • 軸が細すぎないもの。

まつたけ

  • 湿っていて軸が固くしっかりしたもの。
  • かさが開ききっていないもの。

エリンギ

  • 軸に弾力があるもの。
  • かさの外がクルンと巻き込んでいるもの。
  • 軸が太く固いもの。

マッシュルーム

  • 肉厚で軸が太いもの。
  • 表面に傷がなくさらさらしていないもの。
  • 自然な白さをしているもの。(真っ白すぎるものは薬剤で漂泊している可能性アリ!!)