犬にかぼちゃを食べさせても大丈夫!皮膚病、糖尿病の子に特におすすめ

かぼちゃこの野菜与えても大丈夫?
この野菜与えても大丈夫?

かぼちゃは栄養価が高く、おやつや手作り食の材料としてたびたび使われる優秀な食材です。

甘みが強いので犬たちが大好きな野菜のひとつですよね♪

今回は犬にかぼちゃを与えるメリット・デメリットのほか、上手な与え方や甘いかぼちゃを選ぶコツなどもご紹介していきます。

かぼちゃはβカロテンがとにかく豊富!細菌やウイルスから体を守ります

かぼちゃのβカロテン

かぼちゃの中身が黄色い色をしているのは「βカロテン」を多く含んでいるためです。

βカロテンは免疫力をあげ、風邪や病気(ガンや感染症)にかかりにくい体を作る作用があります。また、皮膚や粘膜、爪、被毛を健康にし、強化させるはたらきがあるので皮膚病の子にもおすすめです。

βカロテンは油に溶けやすいため、与える際はも一緒にあげると吸収率がアップします。

また、人間用の視力改善サプリに配合される「ルテイン」を豊富に含むことから、白内障の予防や改善、視力回復、疲れ目の改善などの効果が期待できます。

他にもかぼちゃにはビタミン(A、C、E、B1)やカリウム、食物繊維を含んでいるためこんなはたらきが期待できます。

  • 血液をサラサラにする
  • 便秘を改善する
  • 貧血予防
  • 身体の成長を促す
  • 活性酸素の除去
  • 血圧の上昇を抑える
  • 余分な塩分の排出

かぼちゃを与える際の注意点

かぼちゃの硬い外皮、種、ワタは消化不良の原因になるのでなるべく避け、中の柔らかい部分だけを与えるようにしてください。

じっくり時間をかけて煮たり焼いたりすることで、デンプンが糖に変わり甘みがグンと増します。(低温で調理するのがポイント!)

★かぼちゃは甘いので糖質が多いと思われがちですが、ビタミンB1が糖の代謝を促す役割をしてくれるので糖尿病を患っている子にもおすすめの食材なんですよ~♪

美味しいかぼちゃの選び方

美味しいかぼちゃ

最後に、甘くておいしいかぼちゃを見分けるコツをご紹介します。愛犬にいいかぼちゃを選んであげたい!という方は是非参考にしてください。

  • 真横から見たとき綺麗に左右対称であるもの。
  • 皮が濃い緑色で硬さがあるもの。
  • 見た目以上にずっしりとした重みがあるもの。
  • ヘタがしっかり乾燥していて、その周りがへこんでいるもの。(完熟の証)