犬にきゅうりは食べさせても大丈夫?世界一栄養のない野菜って本当?

この野菜与えても大丈夫?

きゅうりは非常に身近な夏野菜ですが、実は95%が水分で出来ているので栄養価が低く、ギネス世界記録に『世界で最も栄養のない野菜』という認定を受けた不名誉な野菜でもあります。

犬に害となる成分がないため、きゅうりは犬が食べられる野菜なのですが、果たして与えることでメリットはあるのか?与えるならどんな注意点があるのか?

次項から詳しく解説していきます。

犬にきゅうりを与えるメリット

9割以上水分で出来ているだけあって体を冷やす作用には優れています。

「カリウム」と豊富な水分で塩分排出&水分補給が同時にでき、夏場の散歩終わりのクールダウンやおやつには最適です。カリウムの作用により高血圧予防にもなり、熱中症対策としても有用です。

また、きゅうりの青臭さのもと「ピラジン」が血液をサラサラにして血栓症や心筋症を予防するほか、精神をリラックスさせる効果がありストレス緩和に役立ちます。

他にもきゅうりにはビタミンB群、ビタミンK、βカロテンなどが含まれており、トッピングや手作りご飯、おやつに活用することでこのような効果が期待できます。

  • 抗がん、抗菌作用
  • 視力の維持
  • 被毛や肌を健康に保つ
  • 血液凝固作用
  • 骨の形成
  • 怪我の治りを早める

犬にきゅうりを与える際の注意点、調理のポイント

きゅうりはウリ科に分類される野菜ですので、同じウリ科である【かぼちゃ、スイカ、メロン、ズッキーニ】などを食べてアレルギーを起こしたことがある子は要注意です。

はじめは少量から与えてみて、食後に手足や口元の発疹、発赤がないか様子を見ましょう。

加熱しなければならない野菜も多い中、きゅうりは生で頂けるので、もともとの栄養は少ないながらもビタミン類の損失を気にせず食べられる貴重な野菜だと言えます。

かと言ってあげすぎると下痢を引き起こすこともあるので、量はほどほどに。

良いきゅうりの選び方

最後に良いきゅうりを選ぶコツをご紹介します。下記の4項目を覚えて愛犬においしいきゅうりを食べさせてあげてくださいね♪

  • 濃い緑色をしている
  • 太さが均一
  • 両端が硬い
  • トゲが尖っている