【2000円オフクーポン有】ペットカメラ・Furbo(ファーボ)を買ってみたので早速レビュー!

ファーボお役立ち情報
お役立ち情報

先日、ついに念願だった「ファーボ」を購入してみました。

ファーボは飼い主の留守中に愛犬がどうしているかを見守ることができる、据え置き型の室内用カメラのことです。ペットカメラ、お留守番カメラとも呼ばれ、もちろん猫やうさぎ、鳥に使うこともできます。

日中は家を留守にすることが多々あるので、「みんな何してるんだろう」「いたずらはしてないかな」という飼い主なら誰しも抱くであろう心配があったのと、万が一停電や災害が起こったときにすぐに家に帰れるとも限らないので、「いつか我が家にも1台欲しい」と思って前々からちょこちょこリサーチしていました。

そして、

各メーカー(パナソニックやドコモ、ソフトバンク、auなど)から発売されている各機種を比較検討してみて、結果我が家にはファーボが合っているということで、今回2000円引きクーポンを利用して購入に踏み切りました。

(ページ最下部でクーポンコードを表示しているのでよかったら使ってくださいね!)

今回は他と比べてファーボが優れている点を、使った感想を交えながらご紹介していきますので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ファーボとは?なぜ他のドッグカメラより人気なの?

1.暗視モニター付きなので夜でも安心

夜も安心

我が家がファーボに決めた大きな理由のひとつがこれ。

もともと、停電などが起きて「家にすぐ帰れない」という場面に出くわしたときに、その場で家にいる子たちの安否や様子を確認することが出来たら…という思いからカメラを探していたのもあって、やはり暗闇でも鮮明に見えるというのは譲れないポイントでした。

災害大国・日本に住んでいる以上、いつどんな災害が起きてもおかしくないですし、やはり備えられるだけのことは備えておきたいですもんね。

2.外出先からおやつをあげる機能が付いている

ファーボの画面

いつどこにいても、スマホさえあればワンタッチで愛犬におやつを与える機能があるのがファーボ最大のウリ。なんと海外からでも通信可能なので、遠くに出張中のパパさんママさんも身近に愛犬を感じることが出来る仕様になっています。

おやつを投げるときには「スナックコール」といってもともと決まった音が出る仕様なのですが、これを飼い主さんの声に変更することが可能です。

我が家では事前に「おやついる人~?」と録音しておいて、出先からおやつを与える際には私のこの一声で犬たちがドドドーっと集まってくる感じで使っています。

私の声だと認識しているのかは不明ですが、『ファーボから音がする=おやつが飛び出す』という一連の流れは全員理解しているようです。

※おやつは直径1cm前後の丸い形のものを30個ほど入れることができます。もちろんドライフードも可。

3.スマホから愛犬に話しかけることができる

ファーボは話せる

ファーボは鮮明なライブ映像を見られるだけではなく、スマホに話しかけることによって、ファーボを通して犬たちにパパママの声を届けることができます。

いざというとき、例えば突然の雷雨に怯えてパニックになった愛犬をなだめたり、郵便屋さんに吠えて収拾がつかなくなった愛犬に一喝入れたり、という使い方ができます。

……ただ、

やはり仕事中に携帯を触ったり、ましてや話しかけたりなんてのは普通はできないので、正直私自身は今のところあまり使用頻度は高くありません。(一人でニヤニヤスマホを見ながらしゃべったりしてたら完全に怪しい人ですし・・・)

それでも本当に切羽詰まった状況のときはきっと重宝する機能だろうと思います。

4.iPhoneにもandroidにも対応

iPhoneにもandroidにも対応

我が家にはiPhone使用者とandroid使用者がいるので、スマホであればどちらでも使用可なのも必須のポイント。ちなみに我が家にはありませんがiPadにも対応しています。

使い方はとても簡単で、スマホ側は専用のアプリをダウンロードするだけですぐに使い始めることが出来ます。(アプリはもちろん無料です。)ファーボ側はコンセントに繋いでWi-Fiに接続するだけ。とっても簡単にセットアップが終わります。

操作もこの上なくシンプルなので小さな子供からおじいちゃんおばあちゃんまで誰でも操作することができます。

また、お留守番中の愛犬の様子を写真や動画に撮ってワンタッチでSNS(インスタグラムやフェイスブック)に投稿できるのも嬉しいポイント!撮った画像・録画はもちろんスマホに保存することができます。

5.コンパクトなのに犬に倒される心配がない

例えば、留守中にイタズラをされてカメラが倒されたり、何かの拍子にぶつかってカメラがあらぬ方向を向いてしまって、いざ家の様子を見ようとしたときに何も映ってない、となってしまってはペットカメラの意味がないですよね。

特にうちは力の強い子もいるのでそこはしっかり吟味する必要がありました。

ファーボは『12×15×22.5cm』と置く場所に困らないくらいのコンパクトサイズでありながら、底面に超強力な粘着テープとロック付きのネジ穴が付いているので置きたい場所にしっかりと固定することができ、倒されるという心配がありません。

イタズラ好きでお留守番カメラをおもちゃにしてしまいそうな子でもファーボなら大丈夫です。

6.愛犬が吠えたらスマホに通知が来る

これも嬉しい人には嬉しい機能ですよね。

犬の鳴き声を察知すると即スマホに『ワンちゃんが吠えています。様子を見ますか?』と通知が来て、家の中の様子を確認することができます。

かなり極論っちゃ極論ですが、例えばの話、空気の乾燥なんかで家が火事になったり、突然不法侵入者が現れたりしたときに、ファーボが愛犬のピンチ(鳴き声)を知らせてくれれば飛んで家に帰ったり通報したりと何かしらのアクションを起こすことが出来るということですよね。

でも反対に、鳴き声に反応するなると心配になるのが普段からよく吠えるワンコの飼い主さん。

鳴くたびにスマホに通知が来るんだったら、私のスマホは通知だらけになってしまうんじゃ…と疑問の方、

でもそこはやっぱりペット専用カメラ。ファーボは鳴き声に対する感度を下げることが出来るので、「ちょっとスマホから目を離した隙に通知が何十件も…Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン!!」なんてことにはなりません。その辺のこともしっかり考えられています。

7.舐めても犬に害がない安全な素材で出来ている

ファーボは人間の赤ちゃんのおもちゃやリコーダー、文房具などに使用される、軽くて丈夫なABS樹脂とPC樹脂(ポリカーボネート)製。

犬は所かまわずどこでもペロペロ舐めるので、ましてやおやつが出てくるならなおのこと舐めずにはいられないことは目に見えているので、赤ちゃんが舐めても害がないほど安全な素材で出来ているのは安心です。

また、おやつを入れる蓋の部分は天然の竹で出来ていて、『防カビ・防虫設計』なので汚れたら濡れタオルでさっと拭くだけという手入れのしやすさも高評価◎

パパママ目線で見たときに「細かいところまで気が利く」「痒い所に手が届く」というのはファーボならではだなぁと感じます。

ファーボを最安値で購入する方法は?

ファーボは現時点(2020年1月)では公式サイトとAmazonのみの販売となっています。(楽天市場では非売)

ファーボに関してはAmazonなら、2000円割引が適用されているので、どうせなら以下の3つの特典が付いてくるアマゾンでの購入がお得です。

特典
  • 30日間の返金・返品保証
  • 1年間の製品保証(犬のいたずらによる故障は初回のみ無料)
  • 送料無料

公式サイトでの購入クーポンコードは【LINK2000 】(かぎかっこはいりません)
これを購入画面で入力すると正規価格から2000円引きになり最安値で購入することができます。愛犬の特別な日のご褒美やワン友へのプレゼントにもきっと喜ばれます^^

Furbo(ファーボ)公式サイトはこちら