インスタで話題沸騰!「生ペットフード」のブッチを知っていますか?

インスタ映えするドッグフードブッチおすすめドッグフード
おすすめドッグフード

今、インスタグラムやツイッターで話題になっている『Butch(ブッチ)』を知っていますか?

生のようで生じゃない、でもドライフードでもない、まったく新しい形のドッグフードです。その斬新さと原料の良さに世界中の愛犬家が注目し、いま利用者が急上昇しています。

今回はそんな最新のフード、ブッチを徹底解説!きちんとデメリットも知ったうえで上手に活用しちゃいましょう!

ブッチはどんなフード?詳しく解説します

[box class=”box4″]ブッチには【人気ナンバー1のブラック、赤身を除いたホワイト、犬猫兼用のブルー】の3種のラインナップがあります。それぞれ主原料などに少しずつ違いがありますが、ここでは基本となるブラックを取り上げて解説していきます。[/box]

お肉たっぷり76%!食いつき抜群


一般的な高級フードでもお肉の割合は50%ほどですので、それと比べるとブッチはかなりお肉率高めですね。犬たちの食いつきがいいわけです。

お肉をはじめすべての原材料がヒューマングレード(=人間の食品と同レベルの品質)で、食品の安全管理にとても厳しいニュージーランド産なので安全性はばっちりです。

穀物アレルギーのある子は要注意

ブッチは小麦・ライ麦・大麦を使わないことで「穀物アレルギー対応」となっていますが、大豆とコーンが入っているのでこちらにアレルギーがある子は注意してください。

割合で言うとそんなに多くは入っていませんが、心配であればやめておくのも1つの手ですね。ちなみにもっとも穀物の割合が多いのがブラック、少ないのがブルーです。

子犬もシニアも食べやすい柔らか食感

ブッチはハムのような柔らかい食感のフードなので、離乳後の子犬から歯が弱くなったシニアまでどんな子でもおいしく食べられるのが魅力のひとつ。

香りや食いつきが良いので食欲がないときや、フードの好き嫌いが激しい子にもおすすめ。低カロリーなのでおやつや特別な日のお祝いにもいいですね。

確かにブッチは人工添加物は不使用だけど…?

ブッチは無添加、と公式サイトには書かれています。でも原材料をよく見ると、「凝固剤」とあります。これって添加物に入るのでは?さて、どういうことでしょう。

実はブッチに使われている4つの凝固剤はすべて「天然添加物」と呼ばれるもので海藻や豆科の植物からとった成分なのです。人間の食べ物で言うとプリンや練り物などの、あの独特の粘りやとろみを生み出しています。

ブッチは「生肉に限りなく近い栄養素と水分量」を保ちつつ、「生肉より管理・保管がしやすい」ように作られたフード。生肉と同じ70%の水分含有量を実現するためには凝固剤は必要不可欠です。それでも安く上がる人工添加物ではなく天然のものを使うところが、品質にこだわるブッチらしいですね。

ブッチの口コミ・評判をチェック!

それでは実際に公式サイト宛に寄せられた口コミの一部を紹介します。

[say name=”ご愛用者” img=”https://dogfood-info.net/wp-content/uploads/2017/04/OwfoqTNqyCdQF9y1491714337_1491714453.png” from=”right”]お肉臭いのかなと思いきや、とくに嫌な臭みもなく、何より新鮮な香りと色艶をしています。きちんと分量を切り分けて、残りはキャップしてしまっておけるのもなかなか考えられていますね[/say] [say name=”ご愛用者” img=”https://dogfood-info.net/wp-content/uploads/2017/04/ss.png” from=”right”]警戒心が強い子なのでいつもは始めて食べるものは警戒してちょびちょび食べて安全確認するのにそんな事もなく一心不乱にもぐもぐ食べてあっという間に食べ終えました。食後、お腹がゆるくなったりしないかな…と心配したのですが、そんな事もなく通常通りの良いお腹!やわらかさや食いつき、満足度を見てるとシニアになっても美味しく食べてくれそうです。[/say] [say name=”ご愛用者” img=”https://dogfood-info.net/wp-content/uploads/2017/04/168578.png” from=”right”]早速チキンをあげてみました。包丁で切る時に、ガイドラインが入っているので親切です。わざわざ重さを計って切ることもないので良いです。ワンちゃんのご飯というより、人間のご飯みたい。[/say]

ブッチが世界中で選ばれている理由

最後に、なぜこんなにもブッチが世界中に広まり愛犬家からの評価を受けているのかをまとめてみました。購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

  1. すべての原材料が環境規制の厳しいニュージーランド産で安全
  2. ヒューマングレードの食材だけを使用
  3. たっぷりなお肉で食いつき抜群
  4. グルテンフリーで穀物アレルギーに配慮がある
  5. 子犬~シニアまで全年齢対応
  6. 柔らかいためシニアの子でも食べやすい
  7. 低カロリーなのでダイエット時の食事に最適
[box class=”box4″]ブッチ ドッグフード[/box]